30代の転職に必要不可欠!理想の転職が実現できる転職エージェント活用法

30代の方の中には、キャリアやスキルアップのため転職を考える方が増えてきます。

求人サイトや転職ポータルサイト、企業ホームページの採用ページなどを巡って情報集を始めている方もいるかもしれません。

他にも転職エージェントやハローワークなどへ行って具体的な相談をしているかもしれません。

理想の転職を実現させるためには複数の方法を併用して活動することをおすすめしますが、その中で欠かしてはいけないのは転職エージェントです。

ここでは、なぜ30代の転職に転職エージェントが必要なのか、さらに理想の転職を実現させるための活用法などを解説します。

30代の転職希望者が転職エージェントを利用するメリット

転職に関する「知りたい情報」を得ることができる

情報収集をしていても、自力で得られる情報は限られます。

例えば現在の転職マーケットの状況や希望している業界の動向、自身の転職マーケットにおける市場価値といったものです。特にマーケット状況は時期や地域性なども関わってくるので、自力で把握するのは難しいでしょう。

しかし転職エージェントには、自力で得るには難しいマーケット状況に関する情報が常に入ってきます

さらに、紹介された企業に関して企業の社風や組織構成、事業の展開、募集背景など、企業のホームページや求人票では把握できないインフォーマルな情報を得ることができます。

転職活動に必要な時間の調整を手伝ってくれる

忙しい30代が転職活動に時間を割くのは大変ですが、転職エージェントを利用するとその負担が軽減されます。

就業中の方が面接の依頼が入った時に平日の日中に面接に行くのは簡単ではありませんし、企業とお互い都合の合う日程を設定するのも一苦労です。

また、選考が合格しても入社可能日が企業と候補者で希望に隔たりがあり、調整に苦労することもあります。

例えば、一日も早く入社して欲しいという企業と、重要な業務を抱えているため一定期間退職することが難しい候補者の間でこのようなケースが発生します。「入社日」は中途採用において大きな要素の一つであり、入社日が合わないため内定が出ない、ということもあります。

転職エージェントに間に入ってもらえば、お互いの希望を考慮しながら交渉してもらえます

面接対策に協力してくれる

転職エージェントの紹介で企業面接をセッティングしてもらえると、面接に関するアドバイスをしてもらえます

その企業の選考プロセスや面接の傾向、面接官の情報、筆記試験があるのであればその内容という情報は、事前に知っておけばかなり気が楽になるはずです。

さらに想定質問の回答のすり合わせや模擬面接なども希望すれば対応してくれるでしょう。

「転職理由や志望動機など、面接で話す内容が本当にその内容でよいのか、客観的に聞いておかしくない内容か」「回答に困る質問や圧迫面接された場合どうすればよいのか」といった対策も、相談すれば一緒に考えてくれます。

手続きや交渉を代わりに行ってくれる

転職活動において、面接日や入社日の交渉、内定後の待遇面の交渉、選考段階で辞退したい時など、応募者が企業と「直接やりにくい交渉事」は多々発生しますが、転職エージェントに間に入ってもらえば全て代行してもらうことができます

内定が出るまでは選考の主導権を握っているのは企業であり、応募者は希望や意向を通すことは難しいですが、転職エージェント経由の選考であれば応募者の意向を汲んだ上で企業と交渉してもらえます。

30代が転職エージェントに登録する際の選択ポイント

現在、転職エージェントの数は約28,000件存在しています。
引用元:令和4年度職業紹介事業報告書の集計結果|厚生労働省

膨大な数の転職エージェントの中から選択するポイントを紹介します。

希望する職種を取り扱っている転職エージェントに登録する

転職エージェントの特色は多岐に渡ります。
全国展開しあらゆる業種や職種に対応可能な「総合型」や専門性の高い「特化型」などが存在します。

特に後者は、外資系企業に特化したエージェントやニッチな分野に特化したエージェントも存在します。

まずは自分が何をしたいのかを明確にし、希望に近い職業を取り扱っているエージェントに登録してください。

複数のエージェントに登録する

転職エージェントは1社ではなく複数登録しておくことをすすめします。可能であれば総合型と特化型それぞれ最低1社ずつ登録しておくとよいでしょう。

総合型の転職エージェントは保有している業種・職種・情報が非常に多く、対応エリアも広いので情報収集がしやすいという特徴があります。

対して特化型の転職エージェントは、その業種・業界に在籍しているアドバイザーが多く、専門的なサポートが受けられます

1社ずつが無理でも、複数登録しておくと多角的なアドバイスがもらえる他、アドバイザーとの相性が悪かった時にもすぐに切り替えることが可能です。

ただし、複数のエージェントから同じ求人に応募することはできません。トラブルになるので気を付けましょう。

30代が転職エージェントに登録する際に気を付けること

転職エージェントを利用する際には気を付けることがたくさんあります。



  • 嘘をつかないこと

  • 無理な要求をしないこと

  • 不義理をしないこと

  • 時間にルーズでないこと

  • やる気のない態度をとらないこと

登録の際にイメージを良くしようとして嘘の内容を記載する方は少なからずいます。しかし、虚偽情報の記載は印象を悪くするだけでまったくプラスにはなりません。書類上の体裁はよいかもしれませんが、詐称はエージェントには高い確率で発覚します。正直に記載しましょう。

無理な要求や過剰な要求も印象を悪くします。特に提供されているサービス以上の対応を要求するのはNGです。無理を通すよりも求めているサービスを提供しているエージェントを探しましょう。

不誠実な態度をとったり面接の約束を破ったりなど、態度が悪いのももちろんよくありません。常識やビジネスマナーがない、やる気がないと評価されるとサポートをしてもらいにくくなります。

口コミや評判からわかる転職エージェントのメリット

どのエージェントに登録するかの判断材料として、ネットの口コミや評判を参考にする方は多いでしょう。

転職活動で行う上で転職エージェントのメリットを口コミから評判から取りあげて紹介します。

企業との交渉を行ってくれる

企業の選考が進むと面接日の調整、内定後の給与面や待遇面の交渉、入社日の調整など、交渉事が多くなります。

転職エージェントが間に入っていると、こちらの要望にできるだけ沿うように交渉を行ってくれます。転職活動を行う上で大きなメリットと言えます。

非公開求人を知ることができる

現在、様々な転職サイトが存在しており、企業のホームページ求人などから容易に求人の情報収集が可能です。

しかしそれでも一部の転職エージェントにしか求人を依頼していない企業は多数存在しています。

転職エージェントに登録すれば普通では得ることが出来ない求人案件を紹介してもらえる可能性が上がります

選考対策をしてくれる

転職エージェント経由で選考が進むと選考対策を行ってくれることもメリットのひとつです。

例えば、履歴書や職務経歴書の書き方やコツを教えてもらえます。どのようにアピールすれば書類選考を通過することが出来るのかなどヒントやアドバイスを得ることができます。

面接対策に関しても相談が可能で、一般的なアドバイスだけではなく、その企業の面接の傾向やアピールの仕方を教えてくれたり模擬面接をしてくれたりします。

口コミや評判からわかる転職エージェントのデメリット

転職エージェントを利用することによって得られるメリットがある反面、デメリットも存在します。

転職エージェントの評判から代表的なデメリットを紹介します。

希望に沿わない進め方をされる

転職エージェントから希望しない企業や職種の案件に対して強引に応募をすすめられる、中長期的な観点で転職活動を行っているにも関わらず選考が進むと強引にその企業への入社を強要される、という口コミもあります。

これは、転職エージェントはあくまでもビジネスであり、担当営業やキャリアコンサルタントは設定された期間内に実績を残さなければいけないからです。とはいえ、基本的には親身に接してくれることが多いです。

登録者の意向は把握しつつも、結果を出さなければいけないので半ば強引に案件の紹介と選考を進める人もいるのです。

転職市場や業界や職種のことを理解していない

面談してもキャリアコンサルタントが登録者の持っているスキルやキャリア、勤務しているもしくは勤務していた企業の特徴を理解していない、さらには業界の転職市場を把握していないため不安に感じる、という評判や口コミがありました。

単にキャリアコンサルタントの勉強不足、というケースもありますが、現在転職エージェントは新卒含めキャリアの浅い方を採用していることも多く、どうしてもある程度のキャリアを持っている登録者と対等に話すことができない、ということも原因になっているようです。

選考や面接のアドバイスをしてもらえない

転職エージェントから紹介された案件の選考が進んでも、選考や面接に対するアドバイスがないので不満に感じている、という方もいました。

転職に慣れていない方にとって、選考にどう臨めばいいのか悩んでいる方は多く、その不安を解消するために転職エージェントを利用することもあります。

そのような方にとって紹介された企業の選考に対するアドバイスがないと、転職エージェントを利用する意味がないと感じるのは当然でしょう。

大手転職エージェントの評判を公開

いわゆる大手と呼ばれている転職エージェントはどのようなものなのか、口コミや評判を紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは日本の転職エージェントの中では草分け的存在で最大規模の企業です。

豊富な案件と転職ノウハウを有しているキャリアコンサルタントが多数在籍していますので初めて転職活動を行う方でも安心して利用することができます。

「豊富な案件がある=質の高い案件に出会える可能性が高い」「面接対策が充実している」といった評判もあれば、「キャリアコンサルタントのスキルにバラつきがある」「メールの返信が遅い」といった声もありました。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、第二新卒や20代からの人気が高い転職エージェントです。

スキルの浅い第二新卒や20代が応募可能な案件の求人の依頼が多数あり、キャリアの浅い方に対するキャリアサポートが充実しているからです。

口コミからは、「中小企業の案件が多い」「書類などの添削サポート力が高い」といった声が聞かれました。

ただ「(希望と紹介された)案件とのズレがある」「コンサルタントに若手が多くサポートに当たり外れがある」と感じている方もいるようです。

DODA

DODAは国内最大規模の人材サービス企業、パーソルグループのパーソルキャリアが運営している転職エージェントです。DODAの特徴としては「登録すれば転職エージェント、転職サイトいずれのサービスを受けることができる」ことが挙げられます。

利用者からは「転職サイトと求人検索サービスを両方利用できるので自分のペースで転職活動を行うことができる」「企業から直接スカウトがあるので書類選考なしで面接に進むことができる」といったメリットや「案件数が多すぎて逆に希望の案件をみつけにくい」「求人の質が気になる」という懸念の声もありました。

type転職エージェント

type転職エージェントは、首都圏を中心にサービスを提供している転職エージェントです。

転職業界では老舗の企業で「type」ブランドは多くの企業に認知されていますので安心です。

type転職エージェントに対しては「丁寧なカウンセリングを行ってもらえる」「大手転職エージェントのように多くの案件があるわけではないが大手企業やIT企業の独占案件の紹介がある」といった評判が聞かれます。

また、キャリアコンサルタントが人材業界以外からの出身が多くコンサルタントによって業界や職種の知識の偏りがある、という声もあります。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、外資系企業の案件やハイクラス、エグゼクティブ案件を多く取り扱っている総合転職エージェントで、業界では老舗で大手企業です。高い英語力をお持ちの方や高年収を希望して転職したいという方にはおすすめです。

「年収アップ、キャリアアップが実現できた」「グローバルに活躍出来る案件が多い」という利用者の声がある一方で「(JACリクルートメントが取り扱っている案件と持っているキャリアが異なるため)全く案件の紹介がない」「対応がドライ」といった声もありました。

転職エージェントを利用するための注意点

様々な評判をもとに転職エージェントを紹介しましたが、単に評判のよい転職エージェントに登録しても転職は成功しません。

転職エージェントを有効活用するための注意点を紹介します。

エージェントの得意分野を見極める

いくら評判のよい転職エージェントでも、自信が持っているスキルやキャリアが合致していないエージェントに登録しても希望の案件を紹介してもらえる可能性は低くなります。

登録を検討している転職エージェントが自身の志向と合致しているかどうかを見極めた上で登録しましょう。

希望をしっかりと伝える

転職エージェントには遠慮なく自身の希望を伝えましょう。

きちんと意思表示をしないと希望と沿わない案件を紹介されることもあります。お互い時間の無駄になりかねません。

まとめ

転職エージェントは求人情報の提供だけではなく様々な転職のお手伝いを行ってくれます。

忙しい30代の転職希望者は、転職エージェントを「便利な転職活動のツール」として積極的に利用してください、

30代が理想の転職を実現させるためには「良い転職エージェントに登録できるかどうか」が一つの要素になりますが、「良い転職エージェント」は結局のところ「自分に合うキャリアコンサルタントが在籍しているエージェント」です。

現在膨大な数のエージェントが存在します。相性の合うキャリアコンサルタントに出会えるかどうかは複数のエージェントに登録してみないと判断が難しいでしょう。

転職エージェントを利用するのであれば是非複数のエージェントに登録して比較対照してください。

転職エージェントの評判は登録の参考にはなることは事実です。

しかしネットでの情報は主観的なものが多くどうしてもネガティブなものが中心となってしまうので鵜呑みにしないでください。

転職活動が成功するかどうかはどの転職エージェントに登録するかよりも、キャリアコンサルタントの相性のほうが重要です。

関心を持った転職エージェントに登録しその上で判断することをおすすめします。